全体から探す 閉じる
全企画から探す
カテゴリーから探す
閲覧履歴 閉じる
閲覧履歴

スーツケースSサイズの大きさ解説!コンパクトにまとめて快適な旅♪|イオン北海道 eショップ

こんにちは、イオン北海道eショップの千葉です。

出張や旅行などでたくさんの荷物を運ぶ時に便利なスーツケース(キャリーケース)。
スーツケースにはいろいろなサイズがありますが、
今回はその中でもSサイズのスーツケース(キャリーケース)について解説します!

Sサイズのスーツケースの大きさや重さ、適している宿泊日数などのほか、
荷物をコンパクトにまとめるパッキング(荷造り)のコツなどもご紹介しますね。

スーツケース(キャリーケース)Sサイズの大きさは?【cm・容量・重さ・日数目安】

スーツケース(キャリーケース)のサイズは主にS・M・L・LLの4種類。
厳密な定義があるわけではなく、メーカーによってもっと細かく分かれている場合もあります。

Sサイズのスーツケース(キャリーケース)の大きさの目安

3辺合計:~115cm程度
容量:~35L程度
重さ:2~3kg程度
日数:1~3泊程度向き

個人差がありますが、一般的には1泊分の荷物=10L程度が目安でしょう。
Sサイズのスーツケースは1~3泊程度の荷物が入り、短期の出張や国内旅行に向くサイズです。
機内持ち込み可能なサイズであることが多いので、飛行機移動にも気軽に使えますね。

Sサイズのスーツケース(キャリーケース)の大きさの目安

機内持ち込み可能サイズは、100席以上の飛行機なら「3辺合計が115cm以内」、
100席未満の飛行機なら「3辺合計が100cm未満」と決められています。
ただし、LCCの飛行機の場合は航空会社ごとに規定が異なりますので、
利用する航空会社のホームページで確認しましょう。

例えばpeach、AirAsia、Jetstarなら「3辺合計が115cm以内」という規定です。
なお、サイズだけでなく重さにも規定がありますのでご注意くださいね!

Sサイズのスーツケースは比較的コンパクトなので、欲張ってアレコレ入れたり、
旅行先でお土産を買ったりするとすぐにいっぱいになってしまいます。
必要に応じてサブバッグなどを用意しておくと重宝しますよ♪

イオン北海道eショップでもSサイズスーツケースを多数取り扱っています ので、ぜひ見てみてくださいね!
Sサイズスーツケースはこちら

スーツケースをコンパクトに!Sサイズにまとめるためのコツ

Sサイズのスーツケース(キャリーケース)はコンパクトで軽く、移動も楽ちん♪
飛行機の機内持ち込みが可能な場合が多く、
ロストバゲージ(預けた荷物が紛失されてしまうこと)の心配や荷物の到着待ちもないため、
スムーズに移動することができるのも魅力です。

コンパクトなSサイズのスーツケースに荷物を上手にまとめるために、パッキング(荷造り)のコツをご紹介します。

Sサイズのスーツケース(キャリーケース)の大きさの目安

洋服は宿泊日数分だけ必要になるので意外とかさばりますよね。
そこでちょっとした小技のご紹介。

ご存知の方も多いかもしれませんが、洋服を巻物のようにくるくると巻くと、
たたむよりもたくさん詰めることができるんです。
折る回数が減るので、しわにもなりにくいですよ!

セーターやトレーナーのようなかさばる厚手の洋服は、
圧縮袋で圧縮するとかなりコンパクトにすることができます。
圧縮袋を利用する場合は、シワになりにくい素材の洋服を選ぶのがおすすめです。

基礎化粧品類は試供品や詰め替えでコンパクトに

いつも使っている基礎化粧品をボトルごと持っていくのもかさばる理由のひとつです。
試供品やアメニティを持っていけば、帰りは捨照ることができるので荷物が減ります。
小さな容器に詰め替えて持っていくのも◎

意外にコンタクトケースも基礎化粧品の小分けに活用できますよ。
左右分かれているため使い分けしやすく、1回ごとの使用量に丁度良いんです!
ふたを閉める前にラップを1枚はさめば、液漏れ防止にもなります。

荷物は必要最低限にして現地調達も視野に!

荷物をコンパクトにするための基本中の基本ですが、意外とできないのがこれ!
ついアレコレ持って行きたくなってしまうんですよね。

着回しできる洋服を選んで洋服の枚数を減らす、できるだけ薄い素材を選ぶなど、
使うかどうかわからないものは持っていかず、荷物の量自体を減らす工夫をしましょう。
旅行先で購入できるものは現地調達するのも方法の一つです。Tシャツひとつとっても思い出になりますしね。

まとめ

・Sサイズのスーツケース(キャリーケース)は
3辺合計~115cm程度、容量~35L程度、重さは2~3kg程度で、1~3泊の出張や国内旅行などに適したサイズです。
旅先の買い物も入れて帰ろうとするとすぐにいっぱいになってしまうので、サブバッグなどを用意しておくと良いですね。

・Sサイズのスーツケースは機内持ち込み可能サイズであることが多いです。
可能サイズは、100席以上の飛行機なら「3辺合計が115cm以内」、100席未満の飛行機なら「3辺合計が100cm未満」。
LCC飛行機は航空会社ごとに規定が異なるので事前に確認しましょう。

・Sサイズのスーツケースを使うなら、荷物は必要最低限に厳選しましょう。
洋服はくるくる巻いたり圧縮袋を使ってパッキング(荷造り)。
基礎化粧品類は試供品を持っていったり小さな容器に詰め替えたりするとさらに荷物を少なくすることができますよ。

Sサイズのスーツケースをお探しならイオン北海道eショップもぜひご参考に♪
機能性が高くてリーズナブルな商品や、有名ブランドとのコラボ商品など、豊富なラインナップをご紹介しています!

イオン北海道eショップでもSサイズスーツケースを多数取り扱っています ので、ぜひ見てみてくださいね!
Sサイズスーツケースはこちら